2008年3月30日日曜日

覚えてる?

「あの草むら、覚えてる?」
「なんだっけ?」
「2年前、むっちゃんが殺された所」
「・・・」
「学校の帰りに、むっちゃんがいなくなって、探したら、あそこで死んでたんだ」
「ああ・・・でも、もうその話・・・」
「手を縛られてさ・・・」
「知ってるから・・・」
「服脱がされてて・・・」
「止めてよ」
「顔、石で殴られて滅茶苦茶で・・・」
「止めてって、言ってるでしょ!」
「犯人、まだ逃げてるんだ」
「誰だかわからないのよ」
「覚えてるよ」
「何を?」
「右腕に蛇の刺青があるの。コブラかなぁ」
「何の話?」
「石を振り上げた時、袖が下がって、見えたんだ、コブラ」
「だから、何の話してるの?」
「覚えてるよ、私。目がつり上がった、あの男の顔。パーマかけててさ」
「カヨちゃん?」
「私? むっちゃんよ」
「!!!」

 恐かった。夢中で走ってその場を離れた。カヨちゃん、どうしちゃったんだろ? 冗談にしても、質が悪すぎる。
 次の日、カヨちゃんは普通だった。草むらの話なんか覚えていなかった。
だけど、あの夕方の話が頭から離れなかった。下校時、公衆電話から警察に電話をかけた。自分で何を喋ったのか、よく覚えていない。ただ、カヨちゃんが喋った刺青の話をしたんだ。お巡りさんが信じてくれたかどうか、知らない。名前を聞かれて、我に返り、電話を切ったから。

 むっちゃんを殺した犯人は、一月後に捕まった。右腕にコブラの刺青があったんだって。
 むっちゃんのお母さんが、「三回忌に間に合って良かった」って泣きながら言ってた。

0 件のコメント: