2011年10月17日月曜日

蕎麦ツー 1 丹波は秋たけなわ

蕎麦ツーに出かけた。
行き先は、京丹波町の和知。
良いお天気で、丹波国は、播磨国に遅れてお祭り日よりを迎えていた。
綾部市で八幡神社の氏子さんたちが上下姿で走り回っているのを見たし、あちらこちらの神社で祭礼があることを示す高い幟が立っている。

車は快調に走って、あの人たちとの約束の時間より早く和知に到着してしまうので、道草をする。


馬がいたり
濁った川が綺麗に見えたり
沈下橋を見つけたり・・・

お蕎麦屋さんは 超人気スポットで、大賑わい。
お店の奥さんは殺気だっていた・・・(ちょと恐い)
でも周囲の風景は良い。


2 件のコメント:

レイコ さんのコメント...

いいねぇ。
川が流れる風景^^

蕎麦大好きだけれど、輸入規制のためか日本の蕎麦が売ってない。かろうじて見つけた日本製の蕎麦の目が飛び出るほどの不味さ。あんなもの輸出していいわけないって〜って思いました。
丹波はおいしい物がぎっしり詰まってるわね

JunM さんのコメント...

丹波は秋が旬の食べ物の宝庫ですから(笑
蕎麦は時間がたつと風味が落ちるでしょう。
乾麺は美味しいのもありますが、茹で時間がかかるし。
あ、もしかして、水が違うから味が変わったかもよ?!