2011年10月17日月曜日

蕎麦ツー 2 酷道477の恐怖

お蕎麦の次はお茶にしようと、KENさんが言うので、みんなで丹波路を走る。
KENさんのミニクーパーを先頭に、TAKAさんのベンツ、タッカンさんのBMW、我が家のゴルフ。
ミニクーパーは軽ではないが、軽自動車並に小さい。
だから・・・

こんな道も通れてしまう。

この時点では、全員が快調。
対向車も、カーブで道路が膨らんでいるところで離合出来た。
この時点では良かった。
この時点では・・・

しかし!

こうなってくると・・・





これは苦しい。二輪ともすれ違えない。
BMWでこんなだから、その前にいるベンツ様は・・・

あ・・・クラウンが前から来た・・・

ミニクーパーは辛うじて離合出来た。
辛うじて・・・ミニが・・・
ベンツは

駄目じゃん!!

光線の具合でわかり辛いが、このBMWの向こうは完全にふさがっている。

ベンツとクラウンがにらみ合っているのだ。
ベンツはバック出来ない。
BMWがいるし、その後ろに私たち、そしてその後ろに既に2台・・・
ミニから下りたKENさん、必死で解決索をひねり出す。
自分が先導して、クラウンをバックでついて来させる。
クラウンが動かないのは、クラウンの後ろから来るかも知れない車が恐いからだろう。
だから、ミニがクラウンの安全を確保してあげる訳。
クラウンが動き出すと、ベンツが前進し、私たちも前進した。
やっと全員がクラウンに感謝の会釈をして離合出来たのは、カーブを3つか4つ行った所だった。
クラウンは左側ドロドロ・・・
崖に精一杯寄せていたからね。

その後、「仮免許 練習中」の若者が運転する車が現れた時には、みんな目を疑ったが・・・


0 件のコメント: