2011年11月21日月曜日

有朋自遠方来 不亦楽 2

折角 Mara が念願の竹田城のそばまで来たと言うのに、雨が断続的に降っている。
激しくないけど、山登りには不向きな天候。
寒いし、霞んでいるし、足許は悪い。
それに山登りすると帰りの列車に遅れそう。
cats君が Mara に「雨が降っているし、時間がないので、山登りは諦めよう。代わりにビューポイントに案内するから」と言って了承してもらう。
 立雲峡そばの峠道から竹田城址を眺める。





これではあまりにも残念なので、私は紅葉で有名な養父神社を提案。
cats君は時間を気にして乗り気でなかったけど、他に良い場所も思いつかないので行ってみる。

養父神社は養父市にある。
ここには有名な逸話がある。

昔、養父に名医がいた。その評判を聞きつけて近郷近在はもとより遠方からも患者がやってきた。
それを羨ましがった他の医者たちが「我こそは養父の医者である」と名乗りを上げ、こぞって診療したが、下手だったので、治る患者も治らない。
そのうち世間に「養父の医者は下手くそだ」と噂が流れ、養父の医者の権威は地に堕ちた。
こうして、下手くそな医者を 養父医者 と呼ぶようになり、現代の 藪医者 となる。

閑話休題。

養父神社に到着。


紅葉の気配・・・

手水で手を洗う。
Maraが作法を教えてくれと言うので、手洗いを教えるが口をゆすぐのは止めた。
手水に新しい水が出てきていないので、口に入れない方が良いと思われた。

鳥居が美しい。


鳥居フェチは、どきどきしてくる(笑




0 件のコメント: