2012年4月14日土曜日

丹波のカタクリ おまけ 桜

氷上町の清住には、秋にコスモスを見に行った。
春はカタクリだ。
兵庫県で自生地、それも群生しているのは珍しいそうだ。
朝から観光客がいっぱい。

地味だけど可憐なカタクリは、一年のうち二ヶ月だけ地上に現れる植物だそうな。
勿論、カタクリ粉の原料だ。











ついでに・・・ではなく、本当はこれがメインかもって、卵かけご飯を食べに、「かどのの郷へ」 フードコート参照

お昼ご飯を食べたら、桜を見に、宗教団体S学会の巨大墓園へ。
お金かかってます・・・





その後は、円通寺へ行ったり、桜堤を走ってみたり・・・







2 件のコメント:

レイコ さんのコメント...

どれも見事な写真だわ〜
カタクリがあんなに群生しているところ、初めて観ました。
きれいね〜うっとりです。

Jun Tacci さんのコメント...

カタクリは暖かくなると花が開くのだそうです。
早朝の丹波は寒いのでみんな閉じてました。
群生地は二箇所あって、それぞれ柵で囲って踏まれないようにしてました。
柵の外にもはみ出し物がいっぱい生えていました。