2013年10月28日月曜日

1話 1/4 「伊賀者上洛」

ざっといい加減に感想を書いてしまったので、もう一度、少しずつ見て書いていこうと思う。
お出かけしないので、他にネタがない(笑

最初に時代背景の解説が少々。
それから、主人公・霧隠才蔵と忠僕・孫八が登場する。
羽織を買おうとしていると、馬が逃げた(?)ので追いかける。
羽織の代金は踏み倒した?

時間がたって夜。
才蔵と孫八は八瀬の温泉に来る。
公家やらが来ていて賑わっている。

八瀬に温泉があったかな?
 
ここで才蔵と孫八の会話から才蔵が失職したことが語られる。
それまでの仕事に飽きて辞めてしまったと言う才蔵に、孫八はプー太郎を養いたくないと文句を言っている。(笑
針に糸を通せずにいる孫八から黙って針を取り上げ、糸を通して返す。

さらっと行動しているので見逃しがちだが、才蔵がこの老忠僕を大切に思っていることを表している重要なシーン。

  案内が来ないのでしびれを切らして一人で風呂に入る才蔵。

かまぶろ と看板が出ていた通り、サウナです。
床に葉っぱが敷き詰められています。

なんだか良い匂いがして釣られて湯殿へ行くと、美人がいた・・・

本放送では後ろ姿が見えたと思ったけど、動画では出てこない?

  ここでお国と出遭う。
お国は当然ながら警戒。才蔵の裸を見たくないけど気になるのでチラ見。
才蔵に美人の主人の名を聞かれても答えるはずがない。
出て行く時に、才蔵に着物を投げ渡そうかと思ったのか、掴み挙げるが、すぐ気が変わって嫌そうに投げ捨てる。
 
 温泉に到着する直前、才蔵は何者かに襲われ、撃退するも刀が折れた。
その死体と刀を見つけた男が、猿飛佐助
湯殿の美人とお国を介して会話。直答出来ない身分の高い女性だ。
彼らが大阪方だとわかる。
お国が佐助に湯殿の侵入者を報告。
するとクシャミの声。

始まってすぐに主要人物5人が登場する。
 才蔵が陽気な男で、まだどこの陣営にも付いていないことがわかる。

0 件のコメント: