2013年10月29日火曜日

1話 2/4

多岐川裕美さんと言う女優さんは嫌いではないのだが、どうも隠岐殿のキャラは好きになれない。
多分、すごく真面目な女性だからだろう・・・

先ず、隠岐殿が焼かれたセミナリオの前を駕籠に乗って通過。
その後、徒歩で街中を歩いて信者の女性たちと会合をする。
隠岐殿がキリシタンであることは1/4で十字を切るシーンがあるので既に判明していることだが、彼女がキリシタンであることに意味が出るのは最終回だったような気がする。

才蔵は隠れ家の分銅屋でプー太郎扱い。
いろいろと忍者用トレーニングの機材が設置されている楽しそうな店だ。

孫八が八瀬の美人が菊亭大納言晴季の娘青姫らしいと情報を得てきたので、才蔵は確かめに行く。
その前に八瀬で三河方の忍びと闘った時に折れた刀の代わりを買いに・・・
ここで真田幸村と出会うのだが、お互いに名乗りはしない。
刀屋が幸村の息がかかった店であことが主人の所作でわかる。
才蔵が刀の目利きが出来ることに幸村は気づき、その爽やかな性格を気に入る。

ここで才蔵、小若ちゃんとも出遭うのだが、「可愛いな」と迫ってひっぱたかれる。

そして重要な人物との出会い。
大納言家に忍び入ると、青姫に見つかってしまう。
青姫、庭の植え込みの中で「星が綺麗だから」と言う理由で用を足している。
多分、ものぐさなのだろう。
成り行きで、才蔵は青姫の履き物を脱がさせられ、刀は縁に置け、被り物は取れ、とあっさり命令される。

姫は強い・・・

八瀬の美人とは別人であることはすぐにわかった・・・

侵入者を恐れたりしない、全く外界と接触しないので他人を恐ろしいと思うことなく育ったお姫様だと言うことがわかる。
(才蔵に「盗賊か?」と嬉しそうに尋ねたりするし・・・)
それでも、「おもてなしをすると年寄り(侍女)を呼ばねばなりません」と断るところは、才蔵が他人に見られては困る立場だとちゃんと心得ている。
姫は馬鹿ではないのだ。

世間の感覚とずれているだけ・・・すっごく大きなズレだけど・・・

初対面の男性を夜間に部屋に招き入れて恐れもせずに会話をする。
度胸がある姫である。
後に、この度胸で振り回される男がもう一人・・・    

0 件のコメント: