2013年11月3日日曜日

3話 1/5「影の群像」

才蔵獅子王院からの落とし文に書かれた黒谷光明寺へ行く。

黒谷 光明寺 は くろ谷金戒光明寺 がモデルか?
ロケの三門は南禅寺にも見えるけど・・・気のせいか?

庭で掃除をしていた男にいきなり切りつけられ、倒す。
そこへ、総髪の僧侶が登場。
才蔵、話も聞かずに、男の葬式を依頼。
「俺は金を出さんぞ。」
たまには無料で葬式を挙げてやれ、となんだか今でも言いそうなことを言う。

そこへ武士が一人現れる。
2話で獅子王院に偉そうにしていた徳永君だ。
才蔵に対しては、才蔵が「遅い!」と怒鳴ると、「すまん」と謝る。
それは、獅子王院に気の毒ではないかい?

あっさり徳川方の使いだと認めて、才蔵を黒屋敷に誘うが、断られる。

夜。
一人のくのいちが黒屋敷に潜入を試み、あっさり捕まる。
お国だ。

紫の衣装が素敵・・・忍者の服装は実際は紫や茶色だったらしい。
にしても、忍者姿の時のお国は前髪がカールしている。
何故だ?

牢の中でお国が子供時代の回想をする。
伏見城落城の時、母親を殺害される。
彼女が鳥居忠政の娘だと、忍者の会話でわかる。
彼女を救ったのは忍者である。



総髪のオジサン、徳川方の親玉。
そして、お国 に対して、とても優しい声で話しかける。
何者? と思ううちに、彼が「才蔵は菊亭大納言の娘青姫に懸想している」と言うと、お国がびっくりする。
「青姫にも?」

そう、お国ちゃん、男は複数の女性を追っかけるのよ・・・
 

0 件のコメント: