2013年11月3日日曜日

2話 5/5

色街の室町で、才蔵お国は面会。
才蔵は遊女屋に女性が尋ねて来たのでバツが悪い(そりゃそうだ・・・)

お国は彼にどちらに聞くのかとしつこく尋ねる。
彼女にそんな権限があるのか、そんなに才蔵が気になるのか、と本放送を見た時はイラッときたが、今思えば、彼女の「立場」から才蔵の真意を知るのは重要だったのだろう。
才蔵は隠岐殿に惚れていると言い切って、お国に寂しい思いをさせる。

お国は才蔵に櫛を返そうとするが、返しそびれる。
あまりに才蔵が隠岐殿にこだわるので、隠岐殿のために買ったのかと勘ぐったのかも?
お国の嫉妬?

ふと才蔵がお国を見つめて言う。
「お国どのは綺麗な目をしている。でもどこか寂しげだなぁ!」

才蔵、何かをお国に感じ取っている。

才蔵に江戸方から渡りが来た。

0 件のコメント: