2014年2月8日土曜日

親友とデート

雪の日にドライブするもんやない。と思いながら神戸迄運転してきました。
自分はスタッドレス装着の車なので50キロくらい平気で走っているのですが、前の車が20キロでのろのろ走っているのに追いつくと、約束の時間に遅れそう・・・と心配になります。
しかも、その遅い車が「雪道モード」と言う機能(何するのか知りませんが・・・)が付いた外車の場合、腹が立ちます。(笑

きっとのろのろ走る機能やろ・・・

山間部で40cmと言う予報だったのですが、小野市から西神までの平野部の方が降雪が多かったみたいな?

雪の日は国道が混みます。
脇道は除雪してもらえないので、迂回路を使えないからです。
さらに山陽道、中国道、阪神高速、本四連絡道、どこも部分的に通行止め。
地上に車が溢れていました。

ほら、たこフェリーを廃止なんかするから、淡路島が「孤島」になっちゃうやん・・・

途中、最近新しく開通した国道のバイパスがいきなり渋滞。
前で並んでいた車が次々とUターンして、どーしようかな?と迷ったのですが対向車が普通に来るのを見て、これは事故などではなく大型車が滑って坂道を登れないのだろうと予測して、暫く待っていましたら、なんとか動き出しました。

西神に到着して駐車場に車を置いて神戸市営地下鉄で市街地に出たら、嘘みたいに雪がなくて普通に雨が降っていました。
六甲山の南側と北側では気候ががらりと変わります。
やっぱ都会はええなぁ・・・

最近新しく開業したJRの新駅、「須磨海浜公園駅」で降りてまっすぐ浜側へ歩くと二国(国道2号線)に出ます。
阪神高速が使えないのか、西行きの車線(5車線あります)は車がぎっしり詰まっていて動きません。横断歩道も車の隙間を抜けないと渡れない状態。(だから電車で来たのさ!)
二国を渡った所に海浜公園、スマスイ(神戸市が付けた須磨海浜水族園の愛称)があり、そこが今日のデートの場所。

神戸市の施設で最近リニューアルしましたが、歴史は古くて私が生まれる前からあります。
親友はその近所に実家があって徒歩で来ましたが、中に入るのは久し振りでリニューアル後は初めて。2人ともどこに何があるのかわからず(入り口でパンフをもらうのを忘れた)、出遭う職員に片っ端から質問。
どの職員さんもとても親切に案内してくれました。

最初にイルカショーを見ました。
屋外なので寒かったですが、冬は空いていると言う狙い目通り、座って見学出来ました。
流石にイルカが起こす水しぶきを浴びる前列に座るお客さんは一人もいませんでしたが・・・


次に魚のライブショー。
1番手は「テッポウウオ」の餌やり。
餌を貼り付けたパネルが上から下りて来ると、テッポウウオたちがわらわらと集まり、水をぴゅっと飛ばして順番に餌を落として行きます。
正確な射的に観客は大喜び。
私の横で若者のグループがいて、「下手なスナイパーよりずっと正確やんか!」と感心していました。
大きなテッポウウオになると3m上の的も外さず命中させるそうです。

2番手はデンキウナギ。鰻ではなく鯉の仲間だそうです。
「体調不良でお休み」と書いてありましたが、今日は調子が良いのでご飯を食べさせるとのこと。ところが・・・
餌のドジョウが動かないので気が付かず、全然発電しないので、案内のオネーサンも諦めて、「では、次のピラニアに行きましょう。」
みんなでピラニアの前にいたら、デンキウナギが「バリバリバリ!」とど派手に発電していました。
シャイなんやね・・・

3番手のピラニアは、上からフックに付けた鯵をぶら下げて水槽に入れます。
入れた瞬間にピラニアがドッと群がり、数秒後には散会。
鯵の影も形もありません。
観客は全員ぽかーん・・・
「食べた?」
「何があったん?」
オネーサンは苦笑して、「早食いですので・・・」


 ぴんぼけ だけど、大口開けてお食事のチョウザメ・ボルディアさん・・・
この方のキャビアは味がイマイチなんだとオネーサンが(笑

水族園には変なものもたくさん展示しています。
例えば、頭髪が薄い人には羨ましい(?)「毛深い生き物」のコーナー。
「ウミケムシ」や「毛ガニもびっくりのなんとか毛ガニ」(名前忘れた)、「タランチュラ」など。
コーナーの最後に「一番毛深いと思った生き物を投票してください」とカードが置いてあります。

ずっと見て行くと、ゲーター君がいました。
加古川で捕獲されたワニガメで、恐らくペットを捨てたものと思われます。
滅多に動かなくて、私達の前を歩いていたカップルは「動かないやん」とがっかりして出て行きました。
ところが、私達が前に立つと、首を伸ばして水面に鼻先を出して呼吸。
酸素を確保するとまた潜って、こっちを見たり下を向いたりと結構動いたのです。
ゲーター君は故郷のアメリカに帰すことが出来ないそうです。
何故なら、アメリカのどこで捕獲されたのか分からないから。生まれ故郷でなければ放流してはいけないそうなのです。

ゲーター君、体長が1m以上あります。こんなのが加古川にいたんですね・・・


アマゾン館では、空気がぬくくてちょっと臭い・・・
冬は暖かい館内から客が出ないかも?と心配した園側が空気に臭いをつけたのだと新聞に書いていました。
害はないけどちょっと不快な臭いです。




 
 シーパルと名前を変えた国民宿舎でフォンダンショコラを親友と半分ずつにして、珈琲を飲みながらお喋りして解散。

寒かったけど、とっても楽しい一日でした。


4 件のコメント:

レイコ さんのコメント...

水族館は楽しいわよね^^大好き!
でんきうなぎは鯉の仲間なのね、知らなかった。
何度もみたけれど、キチンと説明を読んでない証拠だわ(笑)

>冬は暖かい館内から客が出ないかも?と心配した園側が空気に臭いをつけたのだと新聞に書いていました。
それはそれで良いのにね。でも、夏も臭かった。
ってことは涼しくて出ない人がいるから?(笑)
あの臭いは独特ね
冬は水族館は空いてるって知らなかったわ。
いいこときいたーヽ(゚`∀´゚)ノ

たつお さんのコメント...

おはよう~!

雪が降ったら、出来るだけ出ない事にしてます。
遅い車もかなわんが、事故の巻き添えが怖いです。

1回こんな事がありました。(↓)
雪の山道の上りで、対向車が下って来ました。
対向車のバカが、その時ブレーキ踏んだんですね。
そしたらこちらにはみ出してきて、前を走ってた車と正面衝突!
危うくこちらはセーフ(^0^)デシタ。

Jun Tacci さんのコメント...

レイコさん

臭いのはアマゾン館だけなんです。
鳥とニシキヘビがケースではなく普通に展示してあったので、鳥の臭いかなぁ?とも思ったり。
ヘビは匂わないですからね。
源氏パイみたいな形(つまりハート型)に固まってるニシキヘビを見て親友は「綺麗!」と感動していました。

ロビーの大水槽前には、コタツがあるんですよ、スマスイには(笑

Jun Tacci さんのコメント...

たつおさん

昨日は事前に雪予想が出ていたせいか、大きな事故はなかったみたいです。
でも軽い接触事故とかはやっててパトカーの世話になっていました。

上司が坂道で溝に脱輪している車を見つけて救助を手伝おうとしたら、別の車が上司の車にぶつかって、二重事故になったことがあります。
雪道の悲劇ですね。
脱輪した車や別の車は迎えが来てさっさと帰ってしまい、上司は最後に来た奥さんにめっちゃ叱られたそうです。
(一人で遊びに行っていた。)