2012年1月29日日曜日

篠山の「江戸」

今日は、篠山に昨年夏にオープンしたばかりの「江戸親伝」さんへお昼を食べに行った。

御飯の内容は、「フードコート」へ

「鳳鳴館」と言う古いお屋敷を利用したアンティークショップとカフェ。
家の名前は鳳鳴酒造とは関係なく、篠山に縁のある名前と言うだけだろう。
(鳳鳴高校とかあるし)

食事の前に店内のアンティークギャラリーを見学。
どこまでがインテリアでどこまでが商品なのか、わからないが、値札が付いているので、ちょっとびびったりする。


見えているテーブルはみんな客席なので、そこで御飯が食べられる。



中には6桁の値札もあるので、壊さないように気をつけよう(笑

竈は売り物ではないと思う・・・

全体に赤が基調。
絨毯がほかほかなので、床暖房を用いているらしい。

食事の後、カフェを後にして、小西パンで黒豆パンを購入。

車を少し移動して、河原町妻入商家群へ。
江戸時代の商家が並んでいる通り。
大通りに比べると静かだが、それでも観光客がぞろぞろ歩いているし、目立たないけどオシャレな飲食店もあるので、穴場かも?
お天気が良かったらなぁ・・・


カエル君もマフラー巻いて寒そう・・・

いつ行っても飽きない町、篠山。

だけど、この通りに新しい家を建てる時は県知事の許可がいるらしいよ。

6 件のコメント:

たつお さんのコメント...

当方にとっての篠山は、もう見るもん無いなー。
篠山にはこれ以上の滝も無いし、山野草も無いし、鳥もいない。

でも視点を変えれば色々あるんだね~。
しかし、竈の思い出は当方にとって良くない!

子供のころ田舎に住んでた当方は・・><
親より早起きして、竈にマキ入れてご飯を炊いてた記憶がある。
当時のたつお少年は、それが親孝行だと思っていたのだ。

JunM さんのコメント...

たつお少年、えらーーい!
竈で炊いた御飯は食べたことあるけど、
竈で御飯炊いたことはないなぁ。

どんな所でも視点を変えれば何か新発見がありますよ。なくなったら、それは老い・・・(逃)

レイコ さんのコメント...

昔、父の転勤で浜松に住んだことがあって、古い家に住んでいました。そこに竈があったのを思い出しちゃった。
実際には使ってたのかしら。
イタリアの田舎に行くと竈に似たものが置いてあったりするわ。ああいうものは災害時に大活躍するのよね。

JunM さんのコメント...

そう言えば、阪神淡路大震災の時も、竈を使って炊き出ししていたグループがあったような。
母の実家には今でも竈があるのですが、もう誰も使う人も住む人もいなくて。
竈には神様がいるんですよね。

路爺 さんのコメント...

篠山に行ったのは10年以上前かな?
駅からキックボードでトライしてヘロヘロになった(^^;;;
当時、町をいらい出した頃だったので、道路もピカピカ
だいぶなじんだ風景になった感じですなぁ〜
春になったら自転車持っていってみるかな。。。と思った次第〜(^O^)B

JunM さんのコメント...

春は桜が綺麗だから、自転車、いいかもね!
今は雪積もってると思うよ。
brrrrrrr