2021年6月9日水曜日

空の緑

  第1部の登場人物紹介 その2


シュライプマイヤー

 アメリカの研究所がシオドアにつけたボディガード兼監視役。職務に忠実だが、”空の緑”の超能力を目の当たりにして恐怖を感じる。


ワイズマン

 アメリカの研究所所長。言葉には出さないが、シオドア、アリアナ、エルネストを実験動物だと認識している。


ライアン

 研究所の科学者。シオドアの育て親。


ダブスン

 研究所の科学者。記憶を失う前のシオドアの共同研究者だったが、研究を独り占めしようと目論む。


シュカワラスキ・マナ

 純血のグラダ族の男。ケツァル少佐とカルロ・ステファンの実の父。鉱山で働いていたがカルロが幼い頃に死亡。後に判明するが、少年時代に大神官になることを拒否して逃げ出し、鉱山町に隠れ住んで、妻子と幸せに暮らしていたが発見された。たった1人で”空の緑”の強者達と4年間闘い、暗殺された。


ウナガン・ケツァル

 混血のグラダ族の女。純血の子供を産む為に、夫ではなくシュカワラスキ・マナと、逃げる手助けをする条件で関係を持った。シータを産んで間もなく死亡した。


ニシト・メナク

 混血のグラダ族の男。ウナガンと愛し合って結婚したが、妻が純血種を産む為にシュカワラスキと関係を持ったことを知る。彼女が出産直後に死亡したことに絶望し、自死したと思われていたが、実は肉体が滅んでも魂は他人に乗り移って生き続け、シュカワラスキ・マナとその息子に復讐することを企む。


トゥパル

 ブーカ族の長老。兄エルネンツォがシュカワラスキ・マナに殺害されたので恨んでいた。捕縛されたシュカワラスキを事故に見せかけて暗殺した。実は自死したニシト・メナクの魂が乗り移っており、トゥパル自身の魂が高齢で死んだ後も生き続け、カルロ・ステファンを暗殺しようと目論む。


シショカ

 内務大臣マリオ・イグレシアスの秘書。裏の顔は純血主義の殺し屋集団”砂の民”の一員。ケツァル少佐に片想いをする大臣の使いっ走りをしているが、本心は大臣の願いを叶える気は毛頭ない。シオドアと会見した時に、混血だがエル・ジャガー・ネグロの存在を許すと認める。


アントニオ・バルデス

 鉱山町オク・タカスの実力者ミカエル・アンゲルスの執事。主人から実権を奪う為に遺跡から盗まれたネズミの神像を用いてアンゲルスを呪殺するが、自分では悪霊を抑えきれず、言葉巧みにケツァル少佐とロホに悪霊祓いをさせる。普通の人間だが、”空の緑”を恐るエルバ人。


ママコナ

 首都グラダ・シティにある”曙のピラミッド”に住み、外部との交渉を一切絶って、祭祀を行い、一生を”空の緑”の繁栄に捧げて生きる巫女。”名を秘めた女”とも呼ばれる。古代はグラダ族の女性から選出されていたが、グラダ族の混血が進んだため、多部族の持ち回りになった。通常、先代のママコナが亡くなってから最初に生まれた女の子が選ばれる。先代から教育を受けた女性達にテレパシーで教育を受け、巫女としての能力を発揮させられる様になると、国内の”空の緑”の心に話しかけ、”空の緑”の自覚を促すのが主な役目。予知能力があるのはグラダ族の血を引くママコナだけなので、”空の緑”の長老達は純血のグラダのママコナを誕生させようと躍起になっている。




空の緑

 第1部の登場人物紹介


空の緑

 古代セルバの支配者と考えられている先住民種族。絶滅したと思われているが、実際は彼等が”地の緑”と呼ぶところの普通の先住民に混ざって生き延びている。先住民の間では「翼のある頭」を持つ神と信仰されている。大別して7つの部族があり、部族毎に使える超能力が異なる。最も力が強いグラダ族は大神官とママコナと呼ばれる巫女を輩出していたが、混血が進み、大神官は絶えて久しく、巫女は残る6部族の持ち回りとなった。しかし未来を見る能力はグラダ族のママコナだけの能力なので、長老達は地球の将来を憂えて純血種のグラダ族を復活させようと地下で活動している。
 ”空の緑”の共通する超能力は、目と目を見合わせてテレパシー交換を行う「心話」、相手に幻影を見せる「幻視」、目を合わせた相手を操る「操心」、自身の心を飛ばして遠くを見る「離魂」、他人の思考を読み取る「読心」など。また、”地底の民”と”地表の民”のグループにも分けられ、”地底の民”は祭祀、政治を、”地表の民”は軍事を分担していたが、現代は不明瞭となっている。
”地底の民”はグラダを含む4部族からなり、超能力が強い。異次元空間通路を使うテレポーテイションや悪霊祓い、猫科の動物に変身する(「守護神を持つ」と言う)、時空を跳ぶ、などの能力を使う。
 ”空の緑”は成長するとある時期にママコナの「声」が聞こえるようになり、それに従って超能力を開花させるが、異人種の血が混じるとそれが困難になる。
 セルバ共和国の人口の約1パーセントは”空の緑”の遺伝子を持っていると言われているが、多くは普通の人間である。
 ”空の緑”としての自覚があるセルバ人は、普段は表向きのカトリックの信者として行動するが、実際は”空の緑”の道徳感と行動規範を遵守している。
 なお、”空の緑”は自身をツィンルと呼ぶ。「人」と言う意味である。
 大統領警護隊は”空の緑”の子孫のみで構成される軍隊で、国民からその徽章に因んで”緑の鳥”と呼ばれている。


シオドア・ハースト (テオドール・アルスト・ゴンザレス)

 アメリカ政府の秘密研究機関で遺伝子組み換えによって誕生した人間。頭脳明晰で運動神経も抜群、傷の治りも通常より早い。研究所で育てられ、我が儘いっぱいに成長したため、身勝手で他人への思いやりがなく、自分本位の考え方しか出来なかったが、セルバ共和国で巻き込まれたバス事故で記憶を失い、世話をしてくれたエル・ティティの町の住人達の心優しさに触れて、人間らしい優しい心を持った。 友情に厚く、世話好きで、勇敢な男に生まれ変わった彼は、恩人のゴンザレスと一緒に暮らしたいと願うようになり、セルバ共和国の市民になる為に悪戦苦闘することになる。
 彼の遺伝子は人工の組み合わせだが、”空の緑”のものとよく似ており、”空の緑”は彼の心を読めない。
 アメリカの研究所では超能力者を兵器利用する研究をしていた(らしい)が、記憶を失ってからは以前の研究に興味を失い、セルバ共和国に帰化してからは職業としてグラダ大学医学部で遺伝子学を教える講師、週末はエル・ティティに帰って代書屋をしている。


シータ・ケツァル・ミゲール

 セルバ共和国大統領警護隊文化保護担当部の指揮官を務める少佐。通常ケツァル少佐と呼ばれているが、ラ・パンテラ・ヴェルダ(緑の豹)の異名も持つ純血種の先住民美女。生まれてすぐに両親を亡くしたので、長老会の決定により、”空の緑”の血を引く農園主ミゲール夫妻に養女として育てられたお嬢様だが、成人してからは軍隊の給料だけで暮らしているので、かなりケチである。部下に大変厳しい上官だが、心の中では彼等を家族として大事に思っており、部下達から慕われ、頼られている。
 純血の最後のグラダ族だが、生まれた時期が先代のママコナ存命中だったので、ママコナになる資格はない。テレパシーでママコナと会話が出来る。ママコナより強い超能力を持っているが、巫女の権威を貶めることは絶対にしない。 性格は極めて”空の緑”的で、倫理観も祖先のままで、時々シオドアを呆れさせる。
 愛車はベンツだが、汚れそうな場所に行くときは軍の公用車を使う。


アルフォンソ・マルティネス(ロホ)

 セルバ共和国大統領警護隊文化保護担当部の中尉。ケツァル少佐の部下。 ”空の緑”の中で最も人口が多いブーカ族の純血の若者。実家は悪霊退治を生業としている家系。美しいジャガーに変身するが、消耗するので滅多に変身しない。性格は心優しく、穏やかで上品。シオドアと真っ先に仲良くなる。ケツァル少佐に憧れている。
 通勤にオートバイを使っていたが、カルロ・ステファンから中古のビートルを譲り受ける。


カルロ・ステファン

 セルバ共和国大統領警護隊文化保護担当部の中尉(後に大尉)、後に本隊に帰属。ケツァル少佐の部下で、ロホの同期。カトリックの家庭で育った混血のグラダ族なので、ママコナの「声」を聞けず、超能力の使い方を学習していなかったが、能力に目覚めると黒いジャガーに変身した。大神官を表すエル・ジャガー・ネグロと呼ばれるが、本人に大神官になるつもりはない。人懐っこく、陽気だが、少佐には頭が上がらない。ヘビースモーカーで、少佐に遠慮してタバコを吸っている。気のコントロールが下手で放出しっぱなしなので、虫や蛇が寄り付かず、仲間から虫除けに重宝されている。
 純血のグラダ族だった父の一人息子で、父親の死後極貧生活を体験している。グラダの血を引く母親と妹に仕送りをしている。


キナ・クワコ(アスル)

 セルバ共和国大統領警護隊文化保護担当部の少尉。ケツァル少佐の部下。”空の緑”で最も人口が少ないオクターリャ族の純血の若者。彼の生まれ故郷は異次元の狭間にある。彼は過去には跳べるが未来へ行くことは許されていない。負けん気が強く、ケツァル少佐に気があるシオドアに対して意地悪く振る舞うが、悪意はない。先輩のアスルとカルロが悪い女に引っかからないよう、いつも目を光らせている。意外に料理が上手。軍隊内でサッカーチームを率いている。


マハルダ・デネロス

 セルバ共和国大統領警護隊文化保護担当部の少尉。ケツァル少佐の部下。混血のブーカ族。部内では一番若く、通信制の大学で学ぶ大学生でもある。ケツァル少佐から妹の様に可愛がられている。陽気で大胆な性格なので、時々超能力を使って失敗もする。男の上官達を兄の様に慕っているが、アスルは年上でも同輩扱い。シオドアにも懐いている。


エステベス大佐

 セルバ共和国大統領警護隊、通称”緑の鳥”の司令官。名前だけで、絶対に本人は物語の中に登場しない。”空の緑”の軍隊である”緑の鳥”の隊員達の教育を担っている。部族は不詳。


アントニオ・ゴンザレス

 エル・ティティの警察署長。 妻子を病気で亡くし、一人ぼっちだった彼は、記憶喪失のシオドアを引き取り、世話をするうちに、シオドアを天からの贈り物の様に感じ、息子の様に愛する様になる。後に正式に養子縁組する。
 真面目で仕事熱心な警察官。普通の人間である。


アリアナ・オズボーン

 シオドアと同じ研究所で生まれた遺伝子組み替え人間。遺伝病の研究者として働いている。記憶を失う前のシオドアは嫌いだったが、他に男性を知らないので成人すると彼と男女の関係になった。記憶を失ったシオドアの人格が変わったことに戸惑いながらも愛情を抱く様になる。しかし、偶然カルロ・ステファンを助けることになり、初恋を体験すると、強引に彼と関係を持ってしまう。シオドアと共にセルバ共和国に亡命するが、カルロへの思慕に苦しみ、結局アメリカに帰国する。


エルネスト・ゲイル

 シオドアとアリアナと同じ研究所で生まれた遺伝子組み替え人間。自分より優れたシオドアに嫉妬し、アリアナに相手にされないことを恨んでいる。カルロ・ステファンを証拠もなくジャガー人間だと信じて生け捕り、シオドアも幽閉しようとするが、ケツァル少佐の超能力で取り返されてしまう。


フェルナンド・ファン・ミゲール

 セルバ共和国の大農園主。駐米大使。超能力はないが、ママコナの声は感じ取れるので、”空の緑”の子孫としての自覚はある。長老会の要請を受けて、親を失ったシータ・ケツァルを養女に迎えて育てた。富豪だが娘を甘やかすことはしないで自立させている。妻はスペイン人で、夫や娘が古代先住民の子孫であることを知らない。シオドアやケツァル少佐が危機に陥りそうになると援助の手を差し伸べる。


ファルゴ・デ・ムリリョ

 セルバ共和国のグラダ大学人類学部の教授で国立民族博物館館長。裏の顔は、”空の緑”の秘密を守る為に暗躍する殺し屋集団”砂の民”の長老。純血主義で混血の”空の緑”の存在を厭う男だが、害がなければ何もしない。カルロ・ステファンを渋々ながらも”エル・ジャガー・ネグロ”と認めている。白人のシオドアも”空の緑”の秘密を守る味方と認め、彼に民族の秘密を打ち明ける。多忙なので、なかなか捕まらない。




空の緑 

 第1部の粗筋    その1


 主人公のシオドアは中米のセルバ共和国で記憶喪失のまま暮らしている。彼が巻き込まれたバス事故の関係者を調査しに来たケツァル少佐に身元調査の依頼と彼女の仕事の手伝いをすると言う交換条件のもとに、鉱山街の実力者の家へ行く。そこで少佐が行った「仕事」は悪霊退治だった。実力者の家の実権を握る執事は、アメリカの某研究機関と取引をしており、シオドアはそこの研究者の1人だと言われる。シオドアは自分の正体を確かめにアメリカへ行く。

 アメリカの研究所でシオドアは記憶を失う前の自分がものすごく嫌な人物だったことを知る。それも遺伝子操作実験で生まれた3人の子供の1人で甘やかされて育ったからだ。シオドアは帰国してから人格が変わり、周囲の人々の気持ちがわかるようになるが、育て親の科学者たちや、同じ実験で生まれたエルネストとアリアナとは心が通じなかった。そんな時、中南米考古学の博物館で土産物を買った助手が突然精神に異常をきたし事件を起こしてしまう。シオドアはセルバ共和国のケツァル少佐に助手を救って欲しいと電話をかけるが、あっさり断られる。

 事故に遭う前に何の研究をしていたのか調べていたシオドアは、資料の中に奇妙な遺伝子を持つセルバ人のD N Aを見つける。その正体を調べるために、彼は研究所に頼み込み、セルバ共和国の大学で客員講師の職を得て渡航する。悪戦苦闘の末に何とかケツァル少佐とその部下達が働く文化財保護担当部と接触することに成功する。しかし散歩中にうっかり「曙のピラミッド」の禁忌のラインを踏み越えてしまう。種族の秘密を守る役目をする部族「砂の民」の制裁を受ける恐れがあったために、ケツァル少佐は彼をジャングルの中の遺跡発掘現場へ送り込む。シオドアはそこで彼女の部下ステファン中尉とロホ(マルティネス)中尉と共に不思議な古代の儀式を体験する。しかし、そのことが考古学者に「空の緑」への余計な興味を抱かせる結果となってしまう。首都に戻ったシオドアはケツァル少佐の部下アスル少尉の故郷「異次元の森」へ幽閉される。

 自力で「異次元の森」から脱出したシオドアは偶然ステファン中尉と出会い、彼のアパートに保護される。中尉は少佐を呼び、シオドアは彼等に彼が発見した「空の緑」と呼ばれる古代人のD N Aがセルバ人の多くにまだ受け継がれていることを聞かされる。シオドアは既に遺伝子学者としての興味を失っており、事故の時に彼を救って面倒を見てくれた田舎町の警察署長ゴンザレスとの生活を望んでいた。彼は大学の職を捨てて、ゴンザレスがいる町へ逃げて行く。

 田舎町でゴンザレスと暮らしていたシオドアは反政府ゲリラに誘拐される。シオドアは一頭のジャガーに助けられるが、それはロホが変身した姿だった。ロホの指示で遺跡に隠れていたシオドアだったが、救援を求めに下山したはずのロホは戻らず、代わりにケツァル少佐とステファン中尉と出会う。彼等は行方不明になったロホを探しに来たのであって、シオドアの救出に来たのではなかったが、ロホがゲリラの罠に掛かって捕まったと推測した3人は救出に向かう。そこでシオドアは「空の緑」の超能力をいくつか見せられることになる。

 首都に戻ったシオドアはビザが切れて密入国者となっている。彼は正式にセルバ共和国の市民権を取るために、アメリカの研究所に残してきた「空の緑」のD N A資料を処分しようと、わざと本国に強制送還される。その際に護送担当官としてステファン中尉とカメル軍曹が同行するが、アメリカに入国すると2人は姿を消す。

 シオドアは研究資料を破棄しようと試みるが、いくつかはエルネストが所持しており、妨害が入る。そのうちに中米の考古学美術品専門に狙う泥棒の存在がニュースで報じられ、シオドアは同行した2人のセルバ兵の仕業だと気が付く。セルバ人兵たちは、「空の緑」の遺物を消して回っていたのだ。シオドアはステファン中尉に接触を試み、危険なので早く帰国するよう忠告する。しかし、調子に乗っていた2人の兵士はある晩、失敗して警察に追い詰められる。

 カメル軍曹が死に、黒いジャガーが警察に追われていると知って、シオドアはジャガーがステファン中尉の変身だと察する。セルバ大使と連絡を取り合い、中尉との再度接触を持とうとするが中尉が現れたのは、アリアナの前だった。

 人間に戻ったステファン中尉は、アリアナに呼ばれて来たシオドアに意外な事実を伝える。彼はカメル軍曹に暗殺されかかったのだ。大使を介して連絡を受けたケツァル少佐とシオドアが合流する間に、アリアナはステファン中尉と関係を持ってしまうが、そこへ遺伝子研究所の依頼を受けた警察が乗り込んでくる。

 研究所に捕らえられたステファン中尉を救出する為に、シオドアも故意に研究所の奥へ幽閉される。打ち合わせ通りにケツァル少佐が彼等を救出して、アリアナも含めて彼等はセルバ大使の私邸へテレポートする。

 そこでシオドアは中尉がカメル軍曹に殺されかけた話を伝え、大使からステファン中尉の出生の秘密を聞かされる。

 セルバ共和国に渡ったシオドアと成り行き上付いてきたアリアナは亡命申請を出す。2人は観察期間を与えられ、首都で指定された職に就く。アリアナはステファン中尉に強い恋心を抱いてしまい、シオドアを悩ませる。何故なら、ステファン中尉は「空の緑」の大神官の血統で、結婚相手が決められていたからだ。婚約者は、ケツァル少佐だった。純血種で強い超能力を持つ彼女に引け目を感じていた混血のステファン中尉はそれまで超能力を使えなかったのだが、アメリカからの脱出劇で能力に目覚めていた。

一方、シオドアは「曙のピラミッド」の中に隠棲する巫女と心の会話を行い、セルバ共和国に住むことを許される。

 博物館のミイラの中から「空の緑」のものだけを探し出せと言う依頼を受けたシオドアは、ケツァル少佐と好奇心旺盛な若いマハルダ少尉と3人で博物館に泊まり込む。2人の「空の緑」は死者の霊が見えるが、声は聞こえない。シオドアは霊を見ることができないが死者の声を聞ける、と言う特異な長所を買われたバイトだった。そこでシオドアはセルバ考古学の権威ムリリョ博士と知り合う。ムリリョは「砂の民」の長老だった。

ミイラ探しのバイトを終えたシオドア達の元に盗掘・美術品密売組織の元締めを追い詰めたと言う連絡が入り、ケツァル少佐とマハルダ少尉は現場へと向かった。シオドアは家に帰ったが、やがて組織と政府軍の戦闘が終了し、少佐が負傷したことを知った。

 病院に少佐を見舞うと彼女は元気だった。シオドアと2人きりになった時、彼女は彼に、銃弾は敵のものではなく味方から発砲されたものだと語った。彼女が狙われたのではなく、標的はステファンだと聞かされたシオドアは、純血を重んじ混血の「空の緑」を排除したがる「砂の民」に直談判するつもりで、少佐と共にムリリョ博士に面会を求めた。

 ムリリョ博士は白人のシオドアに一族の秘密を打ち明けることを渋ったが、ピラミッドの巫女の許可を得て、50年前の事件の真相から語り始めた。(この事件は1冊目の後半に考古学者の世間話で語られ、2冊目でその考古学者が突然死亡し、3冊目でステファンが事件関係者の子供だと判明している。)

 一族の秘密を守る目的で純血種を復活させる長老達の身勝手さにシオドアは呆れたが、それを立ち聞きしていたステファンもショックを受ける。さらに出生の秘密を知ったステファンは婚約者のケツァル少佐が異母姉だと知って衝撃を受けるが、それはシオドアも同じだった。「空の緑」にとって母親が同じならば兄弟姉妹、違えば父親が同じでも他人なのだった。遺伝子学者の立場から結婚に反対するシオドアとカトリックの家庭で育った為に一族の考え方を容認出来ないステファンに、ケツァル少佐とムリリョ、ロホ達は「いずれ慣れる」と言うのだった。

 数日後、アリアナが何者かに誘拐される。ステファン大尉(2冊目の終わりで昇級)の暗殺を企む長老の1人トゥパルが攫ったのだと判明する。シオドアは残された手がかりからアリアナが連れて行かれた場所を特定し、ケツァル少佐達と鉱山の廃坑に侵入する。そこでトゥパルの妖術に悩まされながらもアリアナ救出に成功した彼等は、その後で「空の緑」が古代から守ってきた不思議な宝物を発見する。そこへ、トゥパルが最後の攻撃を仕掛けてくる。

散歩 17

 写真を撮らずに歩く日もあるので、今日が散歩の17日目と言うことではない。

今日はラベンダーパークの裏の遊歩道を歩いてみた。

駐車場から自動車1台分の幅の林道が山に向かっている。

最初はガレで歩きにくいがそのうちダートになる。


こう言う地面は歩きやすい。


山の中に大きな岩がたくさんある。


自然に露出したのか、掘り出されたのか?


真新しい鹿の足跡。



分岐で 2と書かれて矢印が左を向いている場所に着いた。道幅を見ると、どう考えても右が正しいような気がした。左は細くなって木が茂っている。入りたくないので、そこで引き返した。
藪の中でガサガサ音を立てているヤツがいて、大きな動物だと思た。多分、鹿だろうと思う。新しい足跡が道にいっぱい残っているので、駐車場に帰った。

駐車場から今度は左へ少し歩き、脇道を下ってみたら、河上神社の参道入り口に出た。
参道は現在閉鎖中。


道路脇に気になる大岩。


大岩の下。まるで何かが祀られていたようにも見えるが、岩が落ちないように石を詰めているだけかも知れない。


大岩の横の斜面は石垣。


帰りは上り坂。あの県道まで上がるんですよ・・・



2021年6月6日日曜日

散歩 番外編

 リモートワークで家に閉じこもっているcats君を歩かせるために、ランチに連れ出し、そのまま砥峰高原へ。

高原の散策は風が涼しくて気持ちが良い。

駐車場は密だったが、屋外はガラガラ。



意外に湿地なのだね。



この辺なんかスキーができそうに見えるけど・・・


意外に中は水の流れが多くて凹凸が激しい。


この辺は時代劇のロケ地だったりする。


東屋あたりから



一周するつもりだったが、上まで行ったら道がイマイチ荒れた感じだったので、引き返した。


1mほどもない、「砥峰高原の滝」(笑


それにしても、下山する時もどんどん登ってきていた。

2021年6月2日水曜日

散歩 16

 今日は午前中 かかりつけ医とハローさんと買い物に行ったので、お昼に村中を歩いた。

写真は一枚だけ。 ホタルブクロ。



2021年6月1日火曜日

散歩 15

 ラベンダーパーク前の散歩第3弾

気温が高くなるほど家を出る時間が早くなる・・・

今日は駐車場の右側へ行って、トンネル手前で左に下る坂道を下りてみた。

写真ではわからないが、かなりの急勾配である。

しかし距離は大したことがなかった。


ここまで下るのに5分ほど。


右側に登山道がある。動物避の門扉を開けば行けるが、この季節はアイツがいるので行かない。


川岸の大岩。 ええ感じ 💕


大岩の下あたり。
坂道を下りた地点の橋のそばに、滝がある。今はチョロチョロ。
雨後はきっと見応えがあるだろうと期待する。