2010年10月30日土曜日

篠山

今日は台風の影響も予想外れで、曇りに時々小雨のぐずついたお天気ではあったが、取り敢えずお出かけしよう、それなら篠山へお菓子を買いに行こう、と言うことになった。
到着すると既にお昼前。混み合う前にランチにしようと言うことで、物産館の隣のレストランで、篠山たたき丼を・・・

 これはかなり美味しかった。牛トロ丼、牛たたき、お蕎麦。 1575円なり。

食事の後は市街を散策。小西の黒豆パンを買って、ぶらぶら。
夏の間休業していた料亭などがオープンしていて、楽しい。
松茸も売ってるが高いので、ほとんどの人は黒豆を枝ごと買って歩いていた。
西垣の栗羊羹を買おうと市街を離れ、お気に入りの田圃の神様にまずご挨拶。

 櫱には既に稲穂が出ている。ちょっと温暖化し過ぎか?
 田圃の向こうに古墳らしきこんもりした小山が見えていて以前から気になっていたので、そこへ車を近づける。山をただ開削しただけの様にも見える・・・と前方を見ると・・・
「あれは玄室じゃない?」
巨石を積み上げたものが・・・
「まさか」
と家人。しかし、近づくと正に・・・
 現地では「石くど」と呼ばれている古墳だった。看板には伝説などが簡単に書かれているが、6世紀中頃のものと言う以外何もわかっていない様だ。
それでも、道ばたに明日香の石舞台みたいな古墳があるのは面白い。
周辺には多くの古墳らしきものが点在しているので、古代から篠山には大きな集落があったのだろう。
西垣で栗羊羹を購入して、西脇へ向かう。
途中、丹波市の川代公園で川の写真を撮影。
 まだ紅葉は始まったばかり・・・
西脇市でも・・・

ま、美味しいお菓子をたくさん食べたから、いいか・・・
「豆畑」で買った「チーズの山」
バレーボール大のドーム型チーズスフレである。

0 件のコメント: