2011年5月10日火曜日

神秘と信仰の地 若狭

瓜割りの滝へ行ってみたい、と思ったのは、漫画「陰陽師」を見てからかな?
泉がご神体なんて、ええやないか、と思っていたら、案外簡単に行ける場所だとわかって、高速道路の通行料金が無料の内に、と舞鶴・若狭自動車道を走って福井県に行ってきた。
なんて書いたら、自分で運転したみたいだけど、cat君の車だから、cat君の運転なんだね。
瓜割りの滝は、水がとっても綺麗。
駐車場の溝からして、澄んだ水がゴーゴーと音を立てて流れている。
水は300円で容器一本、汲み放題の名水だって。うちの町の松ガ井の水は無料だけど。

お寺が建ち並ぶ参道を歩いて1分足らずで、森の入り口。
あ、この写真はお寺の方。 森の入り口は鳥居が立ってる。
でも社殿はない、泉が神社そのものだから。本当の神道かな。

滝と言っても、階段4,5段分だから。
柵の向こうがご神体の泉。水が小さな洞窟の奥からザーザー吹き出している。
とにかく、すごく清らかな水。
古の人が、この水に命を感じて神聖な場所としたのも頷ける。
駐車場の前にある茶店で、水まんじゅうを売っていた。
和菓子は好きじゃないのだけど、cat君が食べたいと言うので、2個入りのパックを買った。
まんじゅうは水に浮かべて冷やしてあった。車の中で食べると、水そのもの、葛まんじゅうなのだけど、水の含有量がすごい! これは本当に水が美味しくなければ作れないお菓子。




2 件のコメント:

レイコ さんのコメント...

水がおいしいってことはおいしい酒も沢山あるんでしょうね。
こんな美しい滝を見たら思わず拝みたくなります。
こういう所を守りたいから神様にしておけば誰も汚さないし、壊さない。
昔の人の知恵だったりしてね(笑)

JunM さんのコメント...

お酒までは探索しませんでしたが、造り酒屋は何軒かあったみたいです。
真夏の日照りの時も水が涸れないので、昔の人は神秘の力を感じたのでしょうね。
「瓜割り」は、瓜が割れるほど冷たい水だから、と言うことだそうです。