2013年5月18日土曜日

箸荷の紅茶

箸荷と書いて、「はせがい」と読む。

昨日、うちの集落から山向こうの集落に引っ越して行ったFさん夫妻から挨拶のギフトが届いた。
Fさんたちらしい、地元産を使った優しい味のお茶セットだ。

紅茶は箸荷地区で穫れる国産。
紅茶クッキーは清涼感たっぷりで爽やかな味。夏にいいね!

今日は丹波市へ妙躰権現を探しに行った。
しかし・・・

航空写真と地図で見た場所はわかったが、そこへ行く道だと思って県道から右折して入った道路が変則T字路で、田舎ではたまに見られる広い転回場所になっていて、その先へは進めない。
右か左かどちらかへ行かねば、と思い、偶々その転回場所にいた男性に尋ねたら、他所から仕事で来たらしく、「ここは知りませんねん」と言われた。

仕方なく、一旦県道に戻り、村の名前を確認してもう一度、その転回場所に戻って今度は右へ行ってみた。
細い道路をずっと走って行ったら、いつの間にか県道に合流した。



途中の枝道は狭くて車で入る勇気はない。
でも、なんとなく、集落の中は石灯籠と湧水の貯水池が多い。
私が行きたい神社は湧水の池を持っている。
この村に間違いないのだが・・・

神社の杜らしき背が高い樹木が集まっている場所が家々の向こうに見えたが、そこへ行く道が皆目わからない。

三度転回場所に行くと、年配の男性が家の前でぼーっと立っておられたので、声をかけてみた。
「この辺りに、権現さんと呼ばれていることろはありませんか?」
「権現さんなら、県道の向こう、そこをまっすぐ山の方へ行って、お宮さんにつきあたって、左へ行って、お寺と老人ホームの向こう、山の中ですよ。」

地図と全然違うけど・・・権現さんってこの村には複数あるのか?

言われた道を行ったら老人ホームで行き止まり。
途中の分かれ道は狭くて行きたくないし・・・
ブログの写真ではもっと開けた場所だったし・・・

県道に戻ってちょっと北上、右折して一級河川の堤防を走り、今度は村の反対側から攻めてみた。
んー、それらしき広場と植物と・・・未舗装の道に入っていったら、広場があって行き止まり。
そこにいた男性に声をかけたら、
「私も元からの住人違うから、わからないです。村中で家の前で暇そうに立ってる人とか、結構いるから、聞いてみられたら、どうですか?」

いや・・・暇そうな人に聞いて違う権現さんを教わったんですが・・・

男性は
「暇そうな人、いくらでも居てるから」
と言うので、取り敢えず挨拶して県道へ戻った。
県道に「○○ごんげん」と書かれた看板があって、それは違う所だと市の観光案内HPで知っていたが、取り敢えず行ってみた。
宗教とは関係のない野外活動施設だった。(やっぱり・・・)

日が高くなって気温が上昇するし、写真撮影には不向きな時間になったので、今日はこのへんで勘弁したるわ、と帰って来た。

うーむ、丹波市、ただ者ではないな・・・(笑

4 件のコメント:

路爺 さんのコメント...

検索してみると一発で出てきますが
コレだけの権現さんなのに2万5千の地図にない???
周りの湧水が載ると思うんですが?
車だとこんな時不便ですよね・・・自転車だとめぼしつけて
えいやーと入っていけますからね。
しかし、おもろそうな場所ですね~湧水好きにはたまらんです!!

Jun Tacci さんのコメント...

そうでしょ、そうでしょ?
一目見て、行ってみたい! って思って決行したのに、見つからなかったの。
多分、あれだな、って思う木立は見えるのに、そこに行き着く道がわかりません。
狭い道には入りたくないしね(笑
次回は川の方から攻めます。

路爺 さんのコメント...

その後、あらためてネットで見たヤッホーの航空写真と
2万5千分の1の地図を見比べてみると、それらしき道はあるものの
権現さんがない?
ならばと他のネット地図をみるに道すらない???
手抜きというよりも地方軽視ばりばりやんと思いましたね。
でも反面、行きたい期待値倍増ですな~是非、リベンジを!!

Jun Tacci さんのコメント...

ご声援、有り難うございます。
見当がついたので、次回は必ずたどり着いてみせます(笑