2011年10月30日日曜日

秋の丹波探検 4

見つからなかった神社が、あっさりと見つかる。
丹波市に戻ろうと国道を走っていたら、あら、見覚えのあるバス停・・・この近所だわ!
で、見つけた脇道に入り、狭い道を登って行くと、行き止まり。
農業体験公園みたいなところの駐車場があって、そのそばに鳥居が!!
Ninomiya Shrine
まだ楓が青々しているので、写真はこれだけ。
お疲れ様でした〜〜〜〜〜!




紅葉したらまた来よう、と本日の目的を達成したので、フリーの気分で再出発。

次は「丹波 年輪の里」へ行ってみよう!
ところが、入り口を見逃してしまい、仕方なく車の流れに乗って、水分かれ公園へ。
日本で一番低い分水嶺。
The lowest Divide in Japan  

つまり・・・陸地の真ん中ね。

本当の分水嶺は山の中なんだけど、そこまで行けないので、ここでパフォーマンスしているわけよ。
そばに砥部神社があって、そこの社域で茶店と分水嶺の資料館がある。
公園は綺麗なんだけど、駐車場が少し遠いので、知らずに入ってきた自動車が路駐している。
噴水の大きな滝があって、何故か臭い。
川の水を使わずに、同じ水を循環させているらしいけど・・・あの匂いは良くない。
引いてしまう。
折角前にベンチとかあるのに。

公園を出て、年輪の里 へ行く。
以前は、この施設の名前を聞いて、老人ホームだと思っていた。
木工体験館がある、県立の公園で、一部の施設を除いたら入園無料よ。
だから、園内は丹波市民がいっぱいいて、野外遊びを楽しんでいる。
散歩したり、ボール遊びしたり、芝生で寝転がったり、ジョギングしたり。
うちの町にも欲しいわ、こう言う場所。キャンプ場しかないんだもん。
Nenrin-no-sato Park





この公園は紅葉しているでしょう?
外国の樹木なのね。
だから、ちょっと早い。

さて、ここの後は、折角ここまで来たんだから、一応、独鈷の滝を拝んで帰ろうか。





0 件のコメント: