2012年4月7日土曜日

春の丹後半島 1 金引きの滝

カレー焼きそば探検隊リベンジ! で、福知山で車のオイル交換の後、宮津へ。

宮津天橋立インターの降り口直前で、右側の山腹に光ものあり。
「あ、滝?!」
「やっぱり?」
cats君、以前に見かけて、遠いので滝だと自信がなかった。
私が目撃して、一安心らしい。さて、何の滝だろう?


 残雪の丹後半島を見て、いざ探検へ!

だったけど、あっさり店が見つかったので お腹が満たされると、まずは 京都府で一番美しい滝、日本の滝100選 に入っている金引きの滝へ。
ナビで検索すると、これもあっさり近所じゃないですか・・・

住宅地の狭い道を抜けていくと、バリケードがあった。

「土砂崩れのため、通行止め。 金引きの滝へは歩いて行けます。」

バリケードの前に車を駐めて、歩いて行くと、すぐに滝の轟音が聞こえて来た。
すぐそこに住宅地があるのに・・・100選の滝?
布引の滝より近いやん。

まず、トイレと駐車場がある。土砂崩れは駐車場の入り口。だから車を入れさせないのね。
 小さめの滝がある。
細いので却って勢いが凄い。


この水量だとかなり主瀑に期待が持てる。
坂道と上がって行くと、次の小滝。


下の滝より迫力はないが、水が綺麗。

さらに上がって行く。小滝が続く。



そして、綺麗な流れの向こうに、轟音の主が姿を現す。


この数日の雨で暴れている。


水量がとっても良い。多すぎず、少なすぎず・・・




滝口 と 滝壺。 滝壺は浅くて、砂みたい。



ずっと見ていても見飽きないが、飛沫が結構飛んでくるし、寒いので引き上げる。

流れは気持ち良い清流で、最初の滝の滝壺はやっぱり凄い迫力だ。



車まで戻ると、白いポルシェがいて、駐める場所に思案している様子。
「きっと滝見に違いないわ」
「多分、そうやろ。」
入れ違いで駐車出来る様に早々に車に乗り込もうとすると、ポルシェからイケメンのお兄さんが下りて来て、尋ねた。
「かなり歩きますか?」
主語も目的語もないが、「滝」のことを言っているのだ。
「いえ、大したことないです。300か500mほどです。」
お兄さんは安心した様子でありがとうございますと言った。
入れ違いで車を出すと、さらにもう一台、これも神戸ナンバーの車が。

やはり100選の滝は人気がある。

ドライブは続く。

2 件のコメント:

レイコ さんのコメント...

へ〜さすが100選の滝だけあって美しさに迫力があるわね。
これと美味しいものでそりゃあ、満足でしょうねぇ(羨)

Jun Tacci さんのコメント...

今回は、舌も趣味も満足でしたわ(笑