2013年10月5日土曜日

夢小説の感想 1

既存の小説・ドラマ・漫画・アニメ のファンたちが原作だけでは飽き足らず、キャラクターを使って勝手に自分だけの小説を書いているサイトを「夢小説」と言うらしい。
そう言うの、子供の頃はよくやったけど(ネットではない、フィギュアなんかで・・・)大人もやるんだ(笑

検索画面でざっと見て面白そうなのを覗いて見る。
原作のキャラとかけ離れていて名前だけ使っている様な屑作はシカト。
夢小説の面白さは、やはり原作のキャラを守ってこそだと思う。

今、「犬夜叉」の夢小説にはまっている。
原作は漫画とそれを元にしたアニメだけど、かなり夢小説があるね。
しかも、夢小説の中で18禁の内容は裏小説と言うらしい・・・?
 でもこれもキャラが大事。

昨夜見つけたのは、なかなかの秀作。
笑える要素いっぱいで、原作のイメージを壊さない。
夢小説に多い、Hなシーンもないのだ(笑)

「ちびちび大行進」
http://cocooo.web.fc2.com/sande/z4.html
(アドは敢えてリンク設定していないので、見たい人だけアクセスして下さい。)
ある日、殺生丸様が突然ちっちゃくなってしまう、と言うところから話が始まる。
うろたえる邪見と、小さい殺生丸様も可愛いと喜ぶ、りん。
冷静な殺生丸様を抱っこして二人は犬夜叉一行と合流。
性格変わらないのに小さくなったので殺生丸様を抱っこ出来るようになって喜ぶ、かごめ・・・
犬夜叉だけが冷めているが、そこで可愛らしい兄弟喧嘩を始めて・・・
小さくなったので妖力も小さくなった殺生丸様、怒ると「青筋ぴきぴき」・・・で終わっちゃう(萌え!!)

各キャラクターをしっかり把握していて、台詞も「らしく」、なかなかの出来の小説。

最後にはちゃんと殺生丸様のかっこいい見せ場もあり!

唯一難点なのは、多分、原作が完結される前に書かれたらしく、天生牙には「1回きりの消費期限」があることを作者はご存じなかったらしく、 りん が二度目の蘇生を行っている。(「二度目はないと思え」 by ご母堂様)

殺生丸様ファンにお薦めの作品




 

0 件のコメント: