2011年12月24日土曜日

清住 再訪

今日は朝寝坊したので、遠出する時間がなくなってcats君はちょっと不機嫌。
だったら起こせよ(笑

お昼御飯を氷上の若駒白雲閣で食べて、youmeタウンで本を買って、ふくむら でケーキ食べて、さて、どこへ行こうか?
で、秋にコスモスを見に行った清住へ行ってみることにした。
達身寺の仏像はちょっと興味がない訳ではないが今回も遠慮して、前回 入り口をユンボで塞がれて訪問出来なかったお寺裏の神社へ行ってみる。

 扁額が読めないので、神社の名前がわからん!

境内は掃除が行き届いていて、お正月を迎える準備も整っている。
新しい榊があちらこちらに飾ってある。
南天が綺麗。
神社は目立たないのだけれど、神社からは清住の里が見える。

とても平和な田園風景だ・・・

ちょっと遊んでみよう・・・
鉛筆画にしてみた。

田圃と遠くの山も ええ感じ 
草焼きでもしているのか、煙が漂って靄みたい。

ちょっと方向を変えて・・・


達身寺 の屋根 も

門前の庭で見つけた小さなお地蔵様


いつまでも お元気で 根
 と書いてある。 巨木の木の根を使った看板なんだ・・・

2 件のコメント:

shizu さんのコメント...

山に囲まれた田園って風情があっていいですねぇ。癒される景色です。

JunM さんのコメント...

とても綺麗な地区です。
お店、一軒もないけど、住民は親切だし、季節毎に観光客も来ます。

達身寺は国重文12体、県重文もいっぱいある「丹波の正倉院」と呼ばれるお寺ですが、謎が多いのです。