2012年6月25日月曜日

ワンダフル 神戸 3

森林植物園の続き

Capricornis crispus

植物園には、ちょっと珍しい物もいる。






ニホンカモシカの家族が飼育されている。
最低でも5頭はいた。

長谷池の畔には、こんな面白い物が地面から生えている。


ラクウショウと言う木の気根。
気根と言う物を知らない見学者は「これ、成長したら何になるんやろ?」
何にもなりません!
そばに立っている大きな木 落羽松(ラクウショウ)の根っこですがな。

お昼は思いがけずレストハウスで弓削牧場のカレーに出会えた。
本家の弓削牧場は予約いっぱいでなかなかレストランの席が取れないそうだが、森林植物園に来たら、すぐ食べられるよ!

 

2 件のコメント:

レイコ さんのコメント...

ニホンカモシカってこんなに綺麗なのね。^^
緑が鮮やかだから余計に生えるわ。
気根の形が面白い。そりゃ何かが育ちそうな気がしないでもない(笑)

Jun Tacci さんのコメント...

ニホンカモシカの毛色って、何色とも言い難いですね。白く見える一番下のは20歳以上たっている高齢のカモシカです。
上のは若い男の子。
だからピチピチです(笑

気根は珍しいのか、大勢の人が撮影していました。
公孫樹の気根は枝から下へ延びるのですが、ラクウショウは地面から生えるのです。