2011年3月19日土曜日

近江八幡の春 4

左義長祭り

Sagicho-Festival

織田信長が好きで自らも参加したと言う左義長祭り。左義長は毎年テーマを決めて食品で創られる出し物の屋台。今年のテーマはウサギ。

It is said that Oda Nobunaga liked and took part in the fest by himself.
Sagicho is made with different foods and and carried by many people.
The theme of this year was Rabbit.


各地区毎に創られる左義長は祭りのクライマックスでコンテストを行うのだそうだ。

Sagicho is made by every community in Ohmi-Hachiman and they have a competition of Sagicho at the climax of the fest.


お祭りを見た後は、クラブ・ハリエでお茶を。

After sightseeing of the fest we had a plate of cake and a cup of coffee.





2 件のコメント:

レイコ さんのコメント...

2番目と3番目の写真は食品でできてるってこと?
じゃあ、ウサギはカブか大根?
それにしてはすごい迫力だわ。

そのお菓子は、、、バウムクーヘン風のお味?
写真では味が解らないところが辛い(笑)

JunM さんのコメント...

左義長に使われる食品は、各町内毎に違っていて、観光客は各地区の紹介文と献立(笑)を書いた紙をもらえます。
主に乾き物の食品を使うので、野菜はありません。
ポテトチップスとかチョコレートとかアラレとか昆布とか・・・20種類ほど

お菓子はバウムクーヘン、卵の味がしっかりしてて、焼きたての熱々なんですよ。