2009年8月20日木曜日

マンモグラフィー

現西脇市に住んでいた頃、35歳になると、町から婦人集団検診の案内が来た。子宮頸癌と乳癌の検診だ。
この頃の乳癌検診は、医師による触診だけだった。
しこりがあるので、市民病院でエコー検査を受けるように、と紹介状をもらった。
エコー検査は、外科で受け付けをしていた。
外科で受け付けて、別の遠くの部屋で検査を受ける。合理的でないなぁと思ったが、検査結果は「脂肪の塊です」だった。

加美町に引っ越してからも、触診だったが、合併して多可町になると、状況が変わった。
合併した三町の一つ、旧中町は、日赤が撤退した後の総合病院をもらい受けており、田舎町には珍しく大きな病院を持っていたのだ。それまで「無医村」に近かった加美町も、多可町になって病院持ちになれた訳だ。
赤十字病院には、マンモグラフィーがあった。乳房のレントゲンだ。血管まで見事に撮影される。多可町の婦人科検診は、このマンモグラフィーが「売り」となった。

検査当日、受付でお金を払うと、レントゲンコーナーへ案内される。そこで検査用服を渡され、ロッカールームで着替える。順番に呼ばれて撮影室に入ると、服を片方だけ脱いで、台の上に、おっぱいを載せる。

載せられるおっぱいがあることを感謝しよう。ぺたんこの胸だと、大変辛い検査だ。
検査技師のお兄さんが胸をつかんで引っ張って、撮影しやすいように、形を整えてくれる。
多分、お兄さんは女性の胸をつかんでいるなんて意識しないのだろう、まるでお餅を扱っているみたいだ。
台に乗せられた乳房は、上から板でプレスされる。
涙が出るほど痛い。
悲鳴を上げそうになるが、誰も叫ばないので、我慢する。
これ、ぺったんこも辛いが、巨乳はもっと痛いかも知れない。出来るだけ平らになるようにはさむのだから。

検査結果は一週間後。大学病院で診断するのだそうだ。

ところで、乳癌は、実は女性だけの病気ではない。
男性もほ乳類である限り、罹る病気だ。
しかし、男性の場合、変な面子があって、乳癌になる、なんて他人に知られたくないのだそうだ。その為に発見が遅れ、手遅れになることが多いとか。
また、乳癌です、と言いづらいので、公的には肺癌として公表するらしい。

男性にも検査を受けることを奨めたいが、男性の胸にマンモグラフィーは無理である。
だから、触診をお奨めする。触診は自分で出来る。

胸を撫でて、しこりを感じたら、病院に行きましょう。
婦人科に行く必要はありません。外科です。
「胸の筋肉に何か出来ているみたいです」
これだけでいいのです。

0 件のコメント: